なげざっき

ついったーに書けない文字数まとめ。

Xperia XZ Premium SO-04JとMicroSDXCカードのビミョーな関係

もはや生活必需品になりつつあるスマホ、皆さんはなにを使っていますか?
僕はXperia ray、Xperia SXXperia Z1f、Xperia Z5 Compactと、今までXperiaのコンパクトシリーズを愛用してきました。
先代のXperia Z5 Compact SO-02Hですが、販売当初はまさにコンパクトフラッグシップの名機だったように思います。しかし、今となってはSoCが2世代前のSnapdragon 810であり、Snapdragon 835の登場に伴い性能が陳腐化したのは言うまでもありません。
また、Xperia X Compactなど最近の動向を見るに、SONYはもはやコンパクトフラッグシップ機にあまり傾注していないのではないか?と思ったのも今回の機種変更の一因です。

f:id:ambient02:20170630004150j:plain
で、今回意を決して、Z5Cの残債が残っているのにも関わらず、Xperia XZ Premium SO-04Jの購入に至りました。
なんといっても液晶の素子が見えないほど繊細な5.5インチ 4K HDRの大画面、合焦してからシャッターが切れるまでのラグが殆ど無いMotionEyeセンサー搭載カメラはホットモックを触って衝撃を受けた部分のひとつです。
カラーリングは無難にDeepSeaBlackを選択。風のうわさで発売予定とされる新カラーのRosso待ちも考えましたが、うわさの出処が出処だし、どうせしばらくは出そうにもないので、迷ったら買い!です。

さて、Xperiaの利点のひとつに、MicroSDXCカードを使いストレージを拡張できることがあります。
そこで、今回はSAMSUNGEVO PLUS '2017 128GB(並行輸入品)(型番:MB-MC128GAEU)を購入したわけなんですが、ここで一つ落とし穴がありました。


SAMSUNGのEVO PLUS '2017 128GBです

 ズバリ、XZPの相性のせいか、性能をフルで発揮できていないのです。

f:id:ambient02:20170630004817p:plain f:id:ambient02:20170630004901p:plain f:id:ambient02:20170630004946p:plain
一応、PCおよびスマホベンチマークを取ってみました。
(このPCのSDカードスロットは、どうやら80MB/sあたりが速度上限みたいです)
ちなみに、メーカー公称値だとR:100MB/s W:90MB/sなんですが、ベンチマークではそれに及ばず…
特に、XZPに挿したときのシーケンシャルライトがかなり低いです。公称値の半分以下というのは、ちょっと許容できない数値ですね…
(なお、SDカードはSDFormatterでフォーマットした後、PCにてCrystalBenchmarkで計測、その後XZPでフォーマット、A1 SD Benchで計測、その後H2Testwで本物かどうかを判定しています)

さらに、ひとつ気になる情報が耳に入りました。
どうやら、今現在市場に出回っている多くのスマホMicroSDカードスロットは、UHS-1のSDR50規格で動作しているようです。
これがどういうことかというと、規格上転送速度は読み書きともに最大50MB/sのはずなのです。
しかし、今回のテストではシーケンシャルライトはともかく、シーケンシャルリードにおいては規格上の最大転送速度をオーバーしています。
何が原因でこういう結果になったのかは不明ですが、なんとなくXZPのMicroSDXCカードスロットは実は速いのではないか、などと勝手に解釈しています。

それを踏まえて、ベンチマークの結果と上記の考えから、Xperiaスレで話題になっていた東芝製のEXCERIA PRO M402(並行輸入品)を新たに購入し、テストしてみることにしました。
人柱かつ、速度の保障もないので、手を出すときはくれぐれも自己責任でお願いします。


東芝のEXCERIA PRO M402 128GBです

 ちなみに、こちらの公称値だとR:95MB/S W:95MB/sとなっています。

f:id:ambient02:20170630005926p:plain f:id:ambient02:20170630005949p:plain f:id:ambient02:20170630010033p:plain
結論から言うと、XZP上のベンチマークはもとより、写真等を移動させたときの体感速度がものすごく速くなりました。
正直、購入したショップが偽物を扱うことで有名な某ショップだったので一抹の不安はありましたが、良い意味で期待を裏切られましたね。
なお、改めてH2testで計測してみたところ、こちらも海外リテールの正規品であることが確認できました。

これで一つはっきりしたのは、少なくとも自分のZXPではMicroSDカードに相性問題が存在しており、特にSAMSUNGのMicroSDXCカードとは相性が悪いようです。

f:id:ambient02:20170630011451j:plain f:id:ambient02:20170630012459j:plain
ともあれ、これでXperia XZ PremiumのMicroSDカードスロットと、怪しい東芝MicroSDXCカードへの疑問はある程度払拭されたので、これからも末永く使っていきたいと思います。

SAMSUNGの方はどうしよ。今回は単純に相性が悪かっただけであり、カード自体は高性能の分類に含まれると思うので、デジイチのバックアップ用に忍ばせておこうかと思います。

※蛇足ですが、MicroSDXCカードの偽物にはくれぐれも気をつけましょう。国崎先生との約束だ!